ダイエットコース

 

・筋トレ初心者の方でも安心!レベルに合わせたオーダーメイドのトレーニング

 

・カウンセリングによるそれぞれの生活習慣に合わせた食事アドバイス

脚瘦せ、ヒップアップ

 脚を細くするにはお尻や太もも、ふくらはぎなど下半身の筋肉を適切に鍛え、ストレッチなどでむくみを解消することが大切です。

 

 トレーニングだけではむくみが取れないまま筋肉だけ発達し逆に太くなってしまったり、ストレッチだけではなかなか目に見える程の効果が得られないことが多いです。

 

 SCK-GYMでは整体師の資格も保持しているトレーナーが整体やストレッチの技術で血流を促し、むくみを取り脂肪燃焼しやすい身体にします。そして、適切なトレーニングにより脚瘦せを実現していきます。

キックボクシング

二の腕、お腹のシェイプアップに!

 

 ダイエットをするには、脂肪を効率的に燃焼させる有酸素運動と、基礎代謝を上げる為に行う無酸素運動の両方をバランス良く取り入れることが大切です。

 

良かれと思って有酸素運動だけ行っても脂肪と同時に筋肉も落としてしまいやすく、一方無酸素運動だけでは脂肪が落ちず、ダイエット効果が得られない場合もあります。

この2つの運動を組み合わせることで、ダイエット効果がアップしますが、自力で両立するのは難しいことです。

 

 キックボクシングでは、フットワークをキープしながら力強いパンチやキックを繰り出す必要があるため、有酸素運動と無酸素運動である筋力トレーニングを同時に行うことができます。

なので、自身で有酸素運動と無酸素運動を意識して行わなくても、効率的にダイエット効果が得られます。

栄養

タンパク質

 タンパク質は、アミノ酸が結合した化合物で、骨格、筋肉、血液、毛髪、皮膚、爪、ホルモンなどを構成する成分です。タンパク質は、肉類、魚類、牛乳、卵などの動物性食品や、大豆などの植物性食品に多く含まれています。

 

脂質

 脂質は身体の中で細胞膜の構成成分や血液成分となり、ホルモンなどを作るには欠かせない成分ですが、摂りすぎると摂取エネルギーの過剰から肥満を招いたり、動脈硬化などの原因となったりします。脂質は身体にとって必要な栄養素なので、摂らないのではなく摂りすぎないということが大切です。脂質は、バター、ラードといった動物性脂肪、大豆油、菜種油、オリーブ油といった植物性脂肪に多く含まれています。

 

炭水化物(糖質+食物繊維)

糖質

 私たちが普段最も多く摂取している栄養素が、デンプンや砂糖などの糖質です。日本人は、全エネルギーの60%弱を糖質から摂取しているため、最も大切な栄養素となっています。糖質は、小腸から出る消化酵素によって分解され、ブドウ糖などに変化して吸収され、エネルギー源として使われます。なお、摂りすぎた糖質は体内に脂肪として貯蔵されます。糖質は米、パン、果物などに多く含まれています。

食物繊維

 食物繊維は人間の消化液では消化されない難消化性の成分ですが、糖質の吸収を遅らせたり、コレステロールの排出を促進したりします。また、食事の分量を増やし満足感を与える効果もあります。さらに便通を良くし、発がん性物質の力をやわらげる働きもあることから生活習慣病などの病気の予防効果でも注目されています。

 

ビタミン

 吸収されたほかの栄養素の働きの効率を高めたり、体調を整えたりといった潤滑油のような働きをします。ビタミンは有機化合物ですが、体内では合成できないものあるため、食物から摂取することが欠かせません。不規則な食生活をするとビタミンが不足し、欠乏症を引き起こすことがあります。

 

ミネラル

 私たちの身体は、体重の95%が酸素、炭素、水素、窒素という4つの主要元素からできていて、残りの5%がミネラルでできています。必須の元素ですが体内では合成できないため、食物から直接摂取しなければなりません。ミネラルは身体の構成部分となったり、身体の調子を整えるといった重要な働きがあります。ビタミンと同じような働きをもっていますが、ミネラルは無機質であり体内ではまったく合成できない元素であること、身体の構成成分となることが異なります。